• トップ /
  • 遺産相続の弁護士に関して

遺産相続で相続権を喪失する場合

遺産相続では、自動的に相続権を喪失する場合と弁護士に依頼し手続きをする事で相続権を喪失させる場合があります。前者は、被相続人や他の相続人を殺害、または殺害しようとして刑を受けた者や、被相続人の遺言に詐欺や脅迫によって関与した者、遺言書の偽造や破棄、あるいは隠匿をした者などが、相続欠格に該当して喪失する事を指します。後者は、被相続人への虐待や相続人が著しい非行をした場合に、家庭裁判所に申し立てを行い許可を受ける事で相続人から廃除する事を指します。要件が厳しいので遺産相続に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

法律書
 

↑PAGE TOP